キャベツ村のマイペースランナー

ランニングと筋トレと栄養バランスの整った食事で健康的に痩せたい&タイムを上げたい市民ランナー。ランニングに関する情報や健康的な食事について発信します。

東野圭吾作品おすすめ5選!素人だけど頑張ってあらすじを書いてみました。

今日はランニングの記事はお休みです。

 

実は読書が好きで、特に東野圭吾さんのが大好きです。

王道ですが(^ω^)

地道に読んでいて、今のところ50冊くらい読みました。

この写真は、持っている本の一部を売るとき

名残惜しくて撮った1枚です。

f:id:mi-taro1211:20200220004204j:plain

 

東野圭吾ミステリーと言えば、結末が気になるドキドキの展開が魅力ですよね。残り100ページを切ると、先が気になりすぎて、読むのを止めることができなくなります。

 

そこで今日は

東野圭吾さんの本の中で特におすすめの5冊

を紹介します!(^^)!

 

完全に独断と偏見です(^ω^)

また、素人ながらに頑張ってあらすじも書いたので

良かったらお読みください。

 

おすすめ① 【秘密】

あらすじ

 平介と直子と小学5年生の藻奈美(もなみ)は、平和に暮らす、ごく普通の家族だった。ある日、直子と藻奈美の乗ったバスが事故に遭い、直子は死に、藻奈美は意識不明に陥った。悲しみにくれる平介だったが、奇跡的に藻奈美が目を覚ました。

 しかし、藻奈美の体に宿っていたのは、妻である直子の意識だったのだ。

体は娘だが、中身は妻という存在との『奇妙な』生活。接し方に戸惑う平介の心はゆれ動く。

 果たして藻奈美の意識は戻ってくるのか?

そのとき直子の意識はどうなってしまうのか?『秘密』の内容とは?

その真実を知ったとき、涙すること間違いなしの作品。

 

おすすめ② 【人魚の眠る家

あらすじ

 

 播磨薫子(はりまかおるこ)の愛娘、瑞穂(6歳)が不慮の事故で脳死状態に陥った。

臓器提供をするのか両親が思い悩んでいるとき、瑞穂の手がかすかに動く気配を薫子は感じた。その瞬間薫子は、瑞穂は生きているのだと判断し、臓器提供はしないことを決める。

 脳死状態の瑞穂に、薫子は可愛い洋服を着せるなどして瑞穂との時間を楽しんだ。

しかし、母の愛は確実に間違った方向へ進んでいくー。

 瑞穂は死んでいるのか、それとも生きているのか。人間は、何をもって生きている・死んでいるの判断を下すべきなのか。現代医学と倫理感の狭間をぬうような、微妙な問題を扱った作品。

 

おすすめ③ 【プラチナデータ

あらすじ

 DNA検査を用いることによって、検挙率は格段に上がった。事件現場に残された毛髪や体液のDNAと、国民からとったDNAデータを照合すればすぐに犯人が分かるからだ。

 そんな中、連続婦女暴行殺人事件が起きた。DNA検査で、犯人はすぐ捕まるものと思っていたが、DNA検索システムは『NF(Not found)13』と示すばかりであった。 

 

 解析員の神楽龍平(かぐらりゅうへい)は、二重人格者であった。蓼科早樹(たてしなさき)が殺された事件についてDNA検査を行うと、なんと犯人は自分であるという結果が出た。もう一つの人格『リュウ』である時に殺したのだろうか、と考えるが真実は分からない。

 DNA検査の結果から、警察から追われる身になった神楽は、蓼科早樹が残した『モーグル』というプログラムの謎を解明しようと試みる。

 『NF(Not found)13』と、『モーグル』というプログラムの関係、そしてDNA検査の大きな闇の真実に、神楽は辿りつくことができるのか。

 

おすすめ④ 【マスカレード・ホテル】

 東京都内で、3度の予告殺人事件が起きた。現場に残されていた暗号から、次の犯行現場は、高級ホテル『ホテル・コルテシア東京』であることが突き止められた。

そこで、捜査員たちがホテルスタッフに扮して、ホテル内を警備するという異例の措置がとられた。

 優秀なフロントクラークである山岸尚美は、刑事である新田浩介の教育係を任命される。『お客様第一』と考える尚美と、『客は全員疑え』と考えている新田は、衝突が絶えない。しかし時間が経つにつれ、お互いを少しずつ理解していく。

 そしてついに起きる第4の事件。捜査員たちの厳戒態勢の中で、犯人はどうやって犯行に及ぶのか。

おすすめ⑤ 【分身】

 北海道に住む女子大生の氏家鞠子(うじいえまりこ)は、中学生の時に母が火事で不審死をとげていた。

 東京に住む女子大生の小林双葉(こばやしふたば)は、アマチュアバンドを結成し、ボーカルをつとめていた。それなりの実力であることから、テレビ出演のチャンスが巡ってくるが、母親はそれを不自然なほどに強く反対した。

 自分の出生の秘密を探っていた鞠子は、自分とまったく同じ容姿をした『双葉』という女性の存在を知る。

 鞠子・双葉の出生に隠された秘密とは何か。医学の禁断領域に踏み込んだ作品。

 

 

以上が私の、東野圭吾作品おすすめ5選でした!

正直、東野圭吾さんの本はどれも最高に面白いので、5選にしぼるの大変でした・・・('Д')

だからこの5選は、本当に面白いです。

読み始めたら止まらない可能性があるので、寝不足注意です(;^ω^)

 

まだ読んだことがない作品があればぜひぜひお読みください。

 

本のあらすじを書くなんて人生で初めてだったので

けっこう苦労しました(;^ω^)

 

記事を書き始めて、2時間半が経過しています。笑

 

おやすみなさい。