キャベツ村のマイペースランナー

ランニングと筋トレと栄養バランスの整った食事で健康的に痩せたい&タイムを上げたい市民ランナー。ランニングに関する情報や健康的な食事について発信します。

大学時代に、ママチャリで長野市から上越市まで行った話【分かったこと】

こんにちはMIHOです。

本格的に暑くなってきましたね。

暑くなると、ふと思い出す。

ママチャリで長野市から上越市まで行ったことを。

 

ママチャリ旅をして気づいたこと、みなさんにお伝えしたいこと、旅のエピソードを交え書きたいと思います。

 

①きっかけ

 

f:id:mi-taro1211:20200607215648j:plain

あれは、大学2年生の夏ー。

学生寮の隣の部屋の、ちょっとぶっ飛んだ友達が

「ねえねえ!一緒にチャリで上越行かない?」

っと言ってきました。

 

当時『チャリならどこでも楽に行ける』

というチャリ神話を信じていた私は

「いいね~!暇だし、行こう行こうヽ(^o^)丿」

と二つ返事をします。

 

さっそく次の週末に行くことが決まり

計画を立てます。

長野市から上越市

国道18号をひたすら行けば着くということが判明。

距離は約80km。

f:id:mi-taro1211:20200607143239p:plain

「な~んだ、ラクじゃん( ̄▽ ̄)余裕だわ」

これが、すべての始まりでした。

 

②いざ出発【往路】

 

f:id:mi-taro1211:20200607215755j:plain

夕方6時。

軽装でママチャリにまたがり、いざ出発。

学生寮にみんなに「行ってきまーす!(^-^)」

とあいさつをして、軽快にこぎはじめました。

 

途中、国道18号沿いのゲーセンに寄って

プリクラを撮りました。

ラクガキはもちろん「今からチャリで上越♪」

ですw

 

余裕だったのはここまで。

飯綱町信濃町といった田舎に突入すると

山道であたりは真っ暗。

「なんで昼間に出発しなかったんだろう・・・」

と後悔するほどの恐怖に襲われました。

 

正直“死”を意識するほど怖かった。

 

それでも友達と「大丈夫大丈夫!」と励まし合いながら

進んでいきます。

 

山道をこえると、下り道に突入!

こがなくてもどんどん進み、いよいよ県境に到着。

 

そしてしばらくすると

遠くに町らしきものが見えてきました。

上越に着いたのだと勘違いした私は

「着いたよ!もうちょっとだよ!」

と叫びます。

 

ところが、こいでもこいでも着かない。

どうやら海はまだ遠いのだと分かった瞬間

疲労感が襲ってきました。

 

それでもなんとか町らしきところに着き

ネットカフェで2時間仮眠。

そのあと2時間ほどこいで

 

やっと、やっと、やっと上越の海に到着!!

 

10時間かかりました。

 

③やっと到着【お寿司の味は?】

 

f:id:mi-taro1211:20200607215944j:plain

この旅の裏テーマに『海なし県のかっぱ寿司と海あり県のかっぱ寿司は、味が違うのか?』というのがありました。

 

上越の海でひとしきりはしゃいだ後

さっそくかっぱ寿司へ!

しかし、朝早くてOPENしてない( ゚Д゚)

 

少し待って、やっとお寿司、実食。

 

結論、味の違いはそんなにない。

ないです。

同じかっぱ寿司ですから。

ありませんよ。

 

しかし、せっかく上越まで来たんだから!ということで、回っていない高級なお寿司もいただきましたヽ(^o^)丿

これはやっぱりおいしかったです。

チャリをこぎつづけた疲労+睡眠不足で死にそうでしたが

お寿司を食べて元気回復です。

 

④さあ帰ろう【復路】

 

f:id:mi-taro1211:20200607220047j:plain

お昼前には上越を出発しました。

気合を入れなおして、来た道を行きます。

 

ところが途中で気づく。

 

「あれ?帰りって、ずっと上りじゃね?」

当然です。

からに帰るわけですから\(^o^)/

 

ひたすらに↗↗↗↗

 

途中からチャリをこげなくなって

押しながら歩き続けます。

徒歩で帰っているも同然な状態になり

チャリはもはや邪魔な存在となりました。

 

「さすがにこのまま歩いて帰るのは無理だよね・・」

 

そう結論付けた私たちは

ヒッチハイク大作戦』を決行します。

コンビニに寄り、段ボールをもらい油性ペンを買って

 

大学生2人 

長野市まで

 

と書いて、通り過ぎる車にアピールしました。

 

結果、5台ほど止まってくれました。

ところが2台のチャリがネックとなり

乗せてくれる車はありませんでした。

1時間ほど粘って、断念。

 

「もう・・・自力で帰るしかない!!!」

覚悟を決めてチャリを押し始めました。

 

途中で雨が降ってきたので、コンビニでかっぱを買いました。

「なんでこんなことしてるんだろう・・・」と

ぶっ飛んだ友達の誘いを安請け合いした自分を責めました。

 

本当に辛かった。往路以上の時間がかかり、ついにに。

 

街灯がなく真っ暗だったため、戸隠周辺で迷子になり

 

「詰んだ('Д')」

って思いました。

 

でも、たまたまあった飲食店で道を訊き

長野市の夜景が見えたときは、安心で泣きました。

 

そして、そして、学生寮に到着!

寮生が「おかえり~!」と迎えてくれました。

「どうだった??」と訊かれたので

「もう一生やらない!」と答えたのを覚えています。笑

 

次の日

疲労で高熱が出ました。爆

 

めでたしめでたし♪

 

⑤この旅で分かったこと

 

この旅を通して、1つだけ確信したことがあるので

みなさんにお伝えしようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

チャリのサドルは固く

長時間乗るには適しません。

 

いや、本当に、後半何が辛かったかというと

お尻がとにかく痛かった/(^o^)\

この旅をしなければ気づけなかったことです。

 

過去の自分、そしてこれからママチャリで長旅をする方に全力で伝えたい。

 

クッション必携!!!

他の何もいりません。

これさえあれば快適にチャリ旅ができるはずです。

 

⑥まとめ

 

こんなバカなことをしていた私も30歳。

友達も30歳。子供もいるようです。

もうこんなバカなことは一生できないと思います。

 

旅がおわってしばらくは後悔ばかりだったけど

今となっては誘ってくれた友達に感謝

 

若者のみなさん。

バカなことをやれるの、今の内ですよ!(^-^)

人に迷惑がかかることはいけませんが

それ以外のおバカは今のうちに存分にやって下さい!

自分は、ママチャリ旅以外にも色々やりました。

その全部、今となっては良い思い出です。

後悔のない今を過ごしてくださいね。

 

そして、これ、どうぞ(^ω^)

COOWOO 自転車サドルカバー 超肉厚 低反発サドルクッション お尻痛くない 衝撃吸収 夜間反射条付き ロードバイク/マウンテンバイク/クロスバイク用

 

(ムジナ) mujina サドルカバー お尻の保護に 自転車 フィットネスバイク 低反発クッション 裏面滑り止め加工

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^)